「NPO経営者」「イノシシ猟師」「大工」という謎の肩書きを持つ野マドに1ヶ月密着取材してきた。

スポンサードリンク







僕が出会ったイキイキ&自由に生きている「野」マドを紹介するシリーズ。

第3回は謎の経歴を持つ男「矢野大地(ヤノ ダイチ)氏」に関してです!

NPO経営をしつつ、イノシシ猟師をしつつ大工もやってるんですよ・・。

しかも、今は経営するNPOが資金難で全国をヒッチハイクで回っているんですw

謎ですよねww

今回は、そんな彼の生態を暴くべく1ヶ月の密着取材をして参りました!

矢野大地の経歴

まず、始めに基礎知識を整理。経歴を簡単にまとめました。

経歴
▼1992年京都府生まれ。
▼高知大学に進学。小学校より志していた教師を目指すも教育実習後に教師の道に疑問を持つ。
▼大学3年時に1年間休学し宮城県気仙沼市で震災支援のボランティアへ。
▼大学4年時にはイケダハヤトに頼み込み初代アシスタントとなる。
▼大学卒業後、標高700mの古民家だいちハウスにて滞在者を受け入れを開始。
▼2016年6月にNPOを立ち上げ。
▼限界集落でイノシシ猟や大工にも取り組む。
▼現在は経営するNPOになり、ヒッチハイクで全国を回って支援者を募っている。

一言で言うなら、新卒でNPOを立ち上げた経営者といえますが、密着取材を続けていくと、それに留まらない得体の知れない人物であることが判明しました(笑)

矢野大地の日常

ある日のスケジュールから矢野大地という人物に迫っていきましょう。

 

ホントにこのツイートの様な毎日を過ごしていて、とにかく動き回っています。

イノシシ猟をしていたり・・・。

NPOの代表として拠点事業の取り仕切りをやっていたり・・・。

大工仕事をしていたり・・・。

肉体労働からの頭脳労働

動き回ってたかと思うと、スキあらばPCに向かって何か作業をしています。

暗闇でも、待ち合わせの時間までPC作業をしたり・・・。

コタツでオンラインミーティングしたり・・・。


そして、最終的には充電が切れます(笑)

結局は何がやりたいの?

取材を始めた当初、正直言うと毎日動き回っている矢野氏を見ていて「何やってる人なの?」「結局何がやりたいの?」と思っていました。

しかし時間が経つにつれ、徐々に矢野氏と彼が経営するNPO法人である「ONEれいほく」が目指している方向が見えてきたように思います。

取材を重ねて分かったこと
▼注力していきたいのは拠点事業
▼やりたくても出来ないジレンマの時期があった
▼やっと仲間が増えてきた

注力していきたいのは拠点事業


「ONEれいほく」では大きく分けて「拠点事業」と「人材育成事業」の2つの事業を展開しています。

そして、彼らがやりたいのは「将来に悩む若者」の支援で、運営する拠点では基本的に滞在費無料で若者を受け入れています。

憧れの職業への夢が破れ次の道を模索する人、大学卒業後の進路に迷う人、地方や地元に関わりながらの生き方を模索している人など、私が密着取材をしていた間だけでもONE嶺北の運営する拠点には毎日色々な若者が訪れていました。


年齢も地方も職業も考え方もバラバラな人が集まって生活を営む中で、滞在者は色々な人と関わる事になります。

計画的偶発性理論

そういった関わりの中で、本人も周りの人も想像もしなかった方向に進んでいく・・・。そういった「計画的偶発性」を狙っているのがONE嶺北の運営する拠点なのだそうです。

※動画で話しているのが矢野大地さんです。

年間述べ1000人以上の若者の受け入れを行っているそうですが、拠点の数や関わる人が増えれば、より沢山の若者の受け皿を作ることが出来ます。

やりたくても出来ないジレンマの時期があった

矢野氏が嶺北に移住してきて2年、NPOを立ち上げて1年弱。

始めの頃は全ての事を1人でこなさねばならない状況だったそうです。

NPO運営に必要な事務手続きや・・・

拠点のちょっとした補修・修理まで。

本当に注力したい事が出来ないと感じる場面もあったのだとか。

そして、やっと色々な事に挑戦できる仲間が増えてきたのが2017年。

ONEれいほくのスタッフは4名まで増えました。

そんなONEれいほくが資金難に・・・

ここまでの内容だとスタッフも増えて順風満帆そうに見えますが、実はONEれいほくは現在、資金難の状況になってしまっています。

拠点事業の拡大や、新しくスタッフを抱え入れたのが大きな要因だとか・・・。

大地さんが運営する「だいちハウス」

資金難を報告する記事では面白おかしくデフォルメされていて、大雑把なNPO運営のように見えますが、実際は本当に注力すべき事業の新たなビジネスモデルを探ろうとしての結果なのかなという印象を受けました。

矢野大地、ヒッチハイクの旅へ!

そんな、ONEれいほくでは拠点事業の拡大の為に支援者を募っています。

そして、代表の矢野大地が全国に散らばる支援者の人に会いつつ、新たな支援を募るヒッチハイクの旅を決行します!

ちょうど全国を回っているタイミングなので、気になった人はお気軽に会ってみて本人の口から実際に話を聞いてみて下さい!

こんな人は会ってみて
▼矢野大地やONEれいほくの活動が気になる・支援したい
▼面白そうな生き方に関して知りたい
▼地方移住や拠点運営などに興味がある
▼学生生活や仕事などキャリアに悩んでいる

<新潟>
日時:2月23日(金) 18:00〜21:00
場所:かしわざき市民活動センター
参加費:500円(会場代・お菓子・ドリンクなど)
 新潟イベントへ申し込む
<石川>
日時:2018年2月25日(日) / 1部:14:30〜17:30 / 2部:18:00〜21:00(懇親会)
場所:ゲストハウス三日市(石川県小松市三日市町38-1)
参加費:無料(※懇親会500円+持ち寄り)
 石川イベントへ申し込む

<鳥取>
日時:2月28日(水) 18:30〜21:00
場所:未定
参加費:未定

<秋田>
日時:3月18日(日)
場所: 未定
参加費:未定

<北海道>
日時:3月25日(日)
場所: 未定
参加費:未定

<沖縄>
日時:3月29日(木)or30日(金)
場所:未定
参加費:未定

遠方でイベントに参加できないという方でも、矢野大地氏や運営するNPO「ONEれいほく」を寄付で支援して頂くという方法もありますので、オモロイなと思った方は是非是非よろしくお願い致します。

マンスリー支援は1月1000円(1日33円)から可能です!

※詳細ははHPに記載があります

ほんと、こんな人もいるんだなって感じですよね〜。

また、オモロイ野マドを発見したら紹介します!

ではでは。

 ▼野マド的生き方がしたい方へ。僕はこうしました。

 

「会社に行きたくない」「働くのが嫌だ」の解決策は「副業」だ。



スポンサーリンク