男は商売をしたらモテるよ。と師匠は言った。

スポンサードリンク







こんにちは!ブルゾンみきお(@OOHORI_bicycle)です。

僕が路上商売をしていた時に、師匠から「男は商売をしたらモテるよ。」と言われた事がありました。(よく考えてみると、サラリーマン時代の上司も同じような事を言ってたような・・・)

何となく言いたいことは分かるのですが、もう少し詳しくその理由について考えてみまたので、今回は「なぜ、男は商売をしたらモテるのか?」について書こうと思います。

やりたい事に突き進む姿がパワフルだから

起業して会社を立ち上げる・・・。サラリーマンをしながら複業で自分のやりたい事をする・・・。などなど、自分自身を看板にして商売をするって凄くパワーがいるんですよ。

ましてや、それを継続していくとなると尚更で、何か楽しさや面白みも見い出さないとやっていけないんですよね。

自分がやりたい事に対して進むパワフルな姿。そしてワクワクしながら取り組んでいく姿勢。そういった溢れ出るオーラが男性としての魅力になっていると言う訳です。

他人の立場に立つのが上手くなるから

また、優れた商売人・経営者であればあるほど、他人の立場に立つのが凄く上手いです。

相手が何を求めているのかを察知して、それを提供していくのが商売&ビジネスの基本ですからね。

また、商売人・経営者としてのレベルが上っていくほど、より広範囲かつより長い時間軸で物事を考え、瞬時に相手の立場に立つことができるようになります。

その能力は普段の生活の中でも応用できますね。

相手の立場に立って、サッと行動できるのは素敵です。

進む道が分からないのなら多動してみよう

そんな事言っても、夢中になって突き進めるコト無いし・・。

そういう人は多動してみるのがオススメです。


何が自分に合っているかなんて、やってみないと分からないですからね。

夢中になれることを「選び取る」という感覚よりは、色々と手を出して夢中になれることだけが「残る」という感覚ですね。

自分が全力が注いでやり続けたい事を見つけるとモテるだろうし、何より人生楽しくなるんじゃないかな。



スポンサーリンク