もはや自転車とモバイルバッテリーは切り離せないと思いませんか??

スポンサードリンク







こんにちは!オオホリです。

自転車に乗る時に、スマホってもう必需品ですよね。ルート確認のために地図を見たり、写真を撮ったり、誰かと一緒に走っている時は、連絡を取り合ったりするかも知れません。スマホがなかった時にはどうやってたんだろうと思ってしまうくらいです。

  

そうなってくるとバッテリーが死活問題

休憩中に地図を確認したり、立ち寄るスポットを調べていると、ドンドン減っていくバッテリー。僕はスマホと連携できるサイコンも使っているので、尚更です。そんな中、僕はモバイルバッテリーを導入しました。

※Blue Shereは製品名でSMILEWORLDという会社の製品でした

 

自転車乗りが気になる大きさと厚さ

WIN_20160511_080534
iPhone6より少し大きいです。

 

WIN_20160511_080558
厚さはiPhone6が2枚分ぐらいです。

 

 

これがいいかも知れません

僕は店頭で相談しながら買いたかったので、お店にあって一番容量が大きかった8000mAhのものにしましたが、ネットで調べると3000円以下で10,000mAhのものもありました。これはかなり良さそうです。

電池残量が減ってきたら充電してサドルバックなりに放り込んでおけば、次の休憩には充電完了する感じです。皆さんも、電池残量を気にしないストレスフリーな自転車ライフを!

 

 

 

 

以上、今回もお読み頂きありがとうございました。皆さまの自転車ライフのご支援になれば幸いです!



スポンサーリンク