【incase(インケース)のバックパック】オススメの11モデルを徹底紹介!

スポンサードリンク







皆さん、インケース(incase)のバックパックをご存知ですか?

インケースは、1997年にアメリカのカリフォルニア州で誕生した、世界で唯一Apple社に公認されたバッグ&ケースブランドです。

パソコンやタブレットなどのガジェットを入れやすいように工夫された「収納力の高さ」や、機能性を追求した末の「シンプルなデザイン」が人気となっています。

出典:Incase

そんなインケースのバックパックですが、多数のモデルを展開しており、どれを選べば良いか迷ってしまうことも。

今回はインケースバックパックを選ぶ時のポイントと実際のモデルを紹介します。

あなたも自分にあったバックパックを探してみてください。

収納量で選ぶ

まず重要となるのが、バックパックの収納量。

自分の手持ちのガジェットや普段持ち歩くものが入らないと意味がありません。

通常のバックパックだと「◯L」というような表記がされますが、インケースの収納量の表記方法は少し変わっています。

というのも、公式サイトでは「大きさ」と「収納可能デバイス」で表記されているんですね。

出典:http://www.incasejapan.com/

例えば、この「Icon Pack Nylon」というモデルは①15インチMacBook Pro②iPad③iPhoneが入りますといった具合です。

こちらの収納量表記や大きさを参考に、どれくらいの大きさのバックパックにするかをまず決めましょう。

モデルで選ぶ

インケースのバックパックは様々なフォルムのモデルがあります。

ビジネス向けにシンプルなフォルム、旅行用に大きめなフォルム、スポーツ向けにシャープなフォルム、タウンユース向けに洗練されたフォルムなどなど・・・・。

出典:http://www.incasejapan.com/

モデルによって見た目もだいぶ違います。

細かく分けると複雑になってしまうので、今回は大きく3つに分けてみました。

インケース3つのモデル

  1. 定番のCity系モデル
  2. 多機能なIcon Pack系モデル
  3. 特化モデル

また、カラーはブラックとグレーが中心ですが、レッド・ブルー・カーキ・ベージュなど他のカラーもありますので、併せて確認しましょう。

まずは自分の好みのモデルがあるかどうか通してみると良いと思います。

1.定番のCity系モデル

まずは定番のCity系のモデルから。

スリムで都会的な印象の強いモデルです。

正面には横にチャックが入っており、デザインのアクセントになっています。

City Commuter Pack

定番のCity Commuter Packの形。

ブラック・グレー・レッド・ホワイト・カーキのカラバリがあります。

チャックで収納量を調整できるようになっているのが特徴です。

※amazon価格:23,354円

CITY COLLECTION COMPACT BACKPACK

その名の通り、先ほどのモデルのコンパクトバージョン。

チャックによる収納量UPは出来ませんが、その分廉価になっています。

※amazon価格:10,880円

City Collection Backpack

City Commuter PackとCITY COLLECTION COMPACT BACKPACKの中間くらいの価格のバックパック。

メインとサブで大きく2室の収納空間があるのが特徴です。

※amazon価格:13,500円

City Backpack for 17inch MacBook Pro

17インチのMacBook Proに対応した特別仕様。

ポケットが多く収納容量が多い。

少し古いモデルのため買い求めやすい価格になっている。

※amazon価格:15,800円

Compass Backpack

インケースの中でも一番シンプルなモデル。

メイン1室の収納空間とオーガナイザー付き。

荷物が少なめな方にオススメ。

※amazon価格:10,500円

2.多機能なIcon Pack系モデル

多機能でインケースを象徴するアイコンのような存在のIcon Pack系モデル。

腰に当たる部分に小さなポケットが付いていて、バックパックを降ろさなくても財布などが取り出せるようにデザインされています。

他にもペンなど小物を収納するオーガナイザーが付いていたりと機能美が光ります。

Icon Pack Nylon

Icon Pack系の中でもスタンダードなモデル。

メインとサブで大きく2室の収納空間があるのに加えてオーガナイザーも付いており、ペンや小物類を整理して入れるスペースも確保されています。

バックパックを降ろさなくても財布などが取り出せるポケットもありの多機能モデル。

※amazon価格:33,480円

ICON Lite Pack

Iconシリーズの再計量モデル。

メイン1室の収納空間とオーガナイザー付き。

シンプルなデザインで価格も抑えめなモデルです。

グレー・ブラック・グリーン・ネイビーのカラバリあり。

※amazon価格:15,660円

Icon Slim Pack Nylon

Icon Pack NylonとICON Lite Packの中間に位置するようなモデル。

バックパックを降ろさなくても財布などが取り出せるポケットも付いているが全体的にスリムなデザインになっている。

ブラック・グレー・レッド・ネイビーのカラバリあり。

※amazon価格:24,840円

3.特化モデル

より専門的なシーンでの利用に特化したモデル。

専用の仕切りがあったり、通常の違う開き方だったり使い勝手抜群です。

独特のデザインも魅力のポイント。

Sport Field Bag Lite

スポーツに特化したモデル。

シューズやドリンクやボールなどを入れやすいように、縦長なデザインや大きく開くような作りになっている。

ノートPCも合わせて入れられるデザイン。

※amazon価格:16,620円

EO Travel Backpack

旅行に特化したモデル。

スーツケースのように服を入れるスペースが充実している。

内部のしきりによって何が入っているかひと目で分かる仕組み。

※amazon価格:17,400 円

DSLR Pro Pack Nylon

カメラに特化したモデル。

中に仕切りがあり一眼レフカメラのボディやレンズを多数収納できるようになっている。

合わせてノートPCもも収納できる。

※amazon価格:28,080円

Drone Pro Pack

ドローンの収納に特化したモデル。

バックパック全面が大きく開くようになっており、ドローンが取り出しやすい作りになっている。

中の仕切りは可動式でドローンの大きさに合わせてカスタマイズできる。

※amazon価格:22,532円

お気に入りは見つかりましたか?

今回はAmazonに載っているモデルに関して紹介させて頂きました。

最新モデルは公式HPにて確認してください。

あなたもミニマルで機能的なバックパックで出かけましょう!

Amazonで見てみたい方は↓コチラよりどうぞ。



スポンサーリンク