キャンプ場に俺たち専用の映画館を作っちまおうって考えさ

スポンサードリンク







こんにちは!オオホリです。この間、「一般人でも本当にシアターキャンプができるのか?」ということに関して友人キャンパーに話を聞いてきました。そして今回はその実践編。レッツゴー!

注意
キャンプ上での映画鑑賞は周囲の迷惑になる可能性がありますので、十分注意して自己責任で行ってください。また、キャンプ場により決まりはありますが、21時以降は控えたほうが良さそうです。

到着と同時にシアターキャンプは始まっている!

まずは場所選びから

6月某日。我々はシアターキャンプを実践すべく関東近郊のキャンプ場にお邪魔しました。到着して、まずすべきは場所取りですが、周囲の人の迷惑にならぬよう、なるべく外れのサイトを選びました。最低でも近くの人とは2〜3サイトは離れているようが良いと思います。今回は一番奥の奥にしました。

 あらかたの設営はソッコーで終わせます。なぜなら・・・ここから日が落ちるまでにどれだけ充実した時間を過ごせるかがシアターキャンプの成否を分けるからです!・・たぶん( テキトーw)

アチーアチーってことで川へ

 まだ6月だし、曇っているのに信じられないくらい暑い!我々は川に入らざるを得なかったのです。椅子を川に突っ込んで涼む。

オオホリ氏 川に挑む

その後は、友達が川辺で昼寝をする中、突然思い立って川の流れを変えることに専念したw。(汗だくになりながら石を積んで川の流れを変えようと試みたw)最高に充実した時間だw これで最高のシアターキャンプに必要な条件は整った!

シアターキャンプ専用飯

焼き加減が難しく無いものが良い


散々遊んだ後、日没2時間ぐらい前から料理の下ごしらえ。今回の目玉の「男串」はとりあえず豪快な見た目だけを重視したところ、玉ねぎが焼けづらく苦戦しましたw 玉ねぎに火を通そうとすると、どうしても映画に見入ってしまうので、焦げてしまう事が多かったです。映画見ながら調理するのは難易度が高いので、簡単なものが良さそうです。

鮭のホイル焼きは鮭がホイルにくっつかないように、油を敷くか下に野菜を入れるのがポイント!(だと勝手に思っていますw) 
夏野菜と鶏肉のレモンなんちゃらもテキトーに仕込みました。テキトーな割にこれはまずまず美味かったです。そして、あらかた仕込みが終わったところで本題のシアターキャンプの準備へ!

いよいよシアターキャンプへ

シーツとタープで設営

今回はスクリーンとして、途中のホームセンターで仕入れたシーツを使いました。大体1500円くらい。

 四脚のタープに貼る形式。

タープに留めるのには洗濯バサミを使いました。

張り具合を調整して・・・
設営完了!あとは日没を待つばかりに。

いよいよ点灯

そして日が暮れ、にわかに準備を始める映写技師・・・。

おっ!
点いたぁぁ!思っていたより鮮明だ!友人は自宅でも映画を見る時には普通に使っているそうです。
プロジェクターとスクリーンの間に焚き火が入ってしまうと煙が写り込んでしまうので配置には注意。この写真は撮影するために明るくしているので、スクリーンが薄く見えるけど、実際は十分な光加減でした。
友達が言ってたとおり、プロジェクターの電池は映画を1本見終わったタイミングで切れました。充電忘れたりしたら悲劇なので注意が必要です。

どうでしょうか?シアターキャンプ。さっきも書いたが思った以上に映像が鮮明で驚きました。時間かけて準備をすれば最高の思い出になること間違い無しです。ただ、くれぐれも音や光で周囲へは迷惑にならぬように注意されたし。現場からは以上です。

前編はコチラ



スポンサーリンク