夢・目標の類はありえないほど高く設定したほうが良い理由

スポンサードリンク







こんにちは!オオホリです!

この間、YouTubeで苫米地英人先生という方の【ゴール設定&達成】に関する動画を見たのですが、目から鱗でとても勉強になった!非常に感銘を受けたので、自分の理解促進も含め紙芝居風まとめてみました。何か参考になればコレ幸い。

【1】ゴールを設定しよう

①どうやったら到達できるか分からないところに設定する

まず、ゴールの設定に関してだが、いま現状自分では実現が到底不可能な場所に設定するのが良い。なぜなら現状の内側にゴールを設定するということは過去をそのまま維持するという事で過去に縛られてしまうからだ。

②現状から離れている方がパワーを持つ


また、ゴールは現状から離れていれば離れているほどパワーを持つので、自分でもビビってしまって他人に止められるくらいがちょうど良い。具体的で達成までのステップが分かるゴールははダメ。

 

【2】ゴールへ近づくのを妨げる存在

①ドリームキラーに気をつけろ

ゴールを設定した後にだんだん目についてくるのが、相手のゴールを無意識に下げてしまうドリームキラーという存在。ドリームキラーは自身のゴールを現状(コンフォートゾーン)の中に設定していおり、ゴールが高い人と接すると居心地が悪い。なので、相手を下げて自分の境界を守ろうとする。

②無意識の善意に注意

更に、ドリームキラーの中には意図的に悪意を持っているタイプと、無意識で善意から関わってくるタイプが居る。親や教師や上司、親友などの身近な人は善意のドリームキラーになりやすい。

③過去の統計に貴方は含まれていない

ドリームキラーは貴方の過去や、過去同じ道を辿った人の情報に基いて、貴方に関して判断をしてくる。しかし、いくら過去同じ道を辿った人の情報を分析しても、過去の統計に貴方は含まれていない。ドリームキラーは「相手がゴールに辿り着けない理由」に関して非常の沢山の理由を思いついてしまう。

④ドリームキラーへの対処法

そんなドリームキラーに対峙しなければいけない時に一番良い方法は、ゴールを言わないということだ。ドリームキラーとは敵対する必要はなく、話を聞き流すだけで良い。

【3】ゴールへ近づく手助けとなる存在

①ドリームサポーターを探そう

ドリームキラーとは逆に、相手の未来に基いて相手を判断する人を、ドリームサポーターという。

②貴方もドリームサポーターになろう


ドリームサポーターは自分よりゴールの高い人に出会った場合に、そのゴールに合わせて自分を引き上げる。なので、ドリームサポーター同士は一緒にいた方がお互いにゴールに近づきやすくなる。貴方もゴールに近づくためにドリームサポーターになろう。

 

いかがだろうか?私はこの話を聞いた時に「なるほどなぁ」と思うと同時に、自分が1つ強くなれたような気がした。苫米地先生のコーチングに関しては書籍も出ているので、更に勉強してみようと思う。

また、【1】の「現状からは到底達成できなさそうなゴール」が思いつかなさそうな場合はぜひコチラの記事(夢リスト100を作って人生を前進させ最終的に人生を変える法)を参考にして頂ければと思う。以上。

<参考:上記内容を網羅した動画>

<参考:苫米地先生の本も買ってみたので、読んだらまた記事にします。>



スポンサーリンク