4年半勤めたインテリジェンス(現:パーソルキャリア)という会社を辞めました

スポンサードリンク







こんにちは!オオホリです。
この度、4年半勤めたインテリジェンス(現:パーソルキャリア)という会社を辞めましたので、報告いたします。

僕にはやりたい事があります

それは、「旅をしながら生きる」「毎日キャンプができる家を湖畔に建てる」「自転車レース専門のスポーツバーを作る」みたいな大きなものから「草原で昼寝をする」「新しいサイクリングシューズを買う」みたいな些細ものまで沢山沢山沢山あります。これらの夢が人生の中で1つでも多く叶ったら良いなと思っています。

そして、インテリジェンスでサラリーマンをする延長線上に、これらの夢が叶うイメージはありませんでした。なので、これらの夢に本気で腹をくくって挑戦するなら何かを変えなくてはいけないと思いました。

人生を真剣に考えるキッカケ

インテリジェンスで求人広告の営業職として4年半働きましたが、どうしても嫌だった事がありました。それは「長時間働くこと」と「詰められること」そして、これはそもそもの話になってしまいますが、「営業すること」の3つです。新人の頃は「自分の学生気分が抜けないだけで、社会人としてこんなことは当たり前だ」と思っていましたが、最終的に4年半働いた今も結局嫌なままだったので自分には合っていなかったのだと思います。

冒頭で「やりたい事がある」なんて言いましたが、正直言うと「サラリーマンとして働く現状から逃げたい」というのが、人生を真剣に考える一番初めのキッカケでした。

人生が前進してないような感覚

併せて、サラリーマン時代の特に2年目〜3年目あたりに「なんか人生が前進してないな・・・」という感覚を何度か感じていました。その時の感覚は上手くは言えないのですが、その時、上司が教えてくれたのが「夢リスト」でした。

夢リストとは、「もし時間もお金も無制限に使えるとしたら?」という前提のもと、自分のやりたい事を書き出したものです。その際僕は上司の教えの通り、やりたい事を100個書き出し、リストを作ったものの、その際は「こんなの無理だろ・・・」とその辺に放置していました。

働き方と生き方は自分で選べる

 そんな折り、会社の研修で長野県の木曽町で就業体験をさせて頂く機会がありました。その際に僕が思ったのは「生き方も働き方も色々ある。」「そして自分で選ぶことが出来る」という事でした。

今すぐ、この瞬間に何者にでもなれる

その後、色々な生き方をしている人を探してブログや本を読んだり、時には会いにいきました。その中で、凄く驚いたのですが、自分が数年前に投げ出した夢リストに近いことを実現している人が何人もいたのです!

そして、自分の夢リストを見返した時に、自分が「出来るわけない・・・」と思っている事でも、今、現状で持っている社会的地位もお金も人間関係もプライドも全て投げ打てば、大概の事は今すぐにでも実現できるという事に気づきました。

会社を辞めて毎日自転車に乗ることだって出来る。ローンを組んで家を建てる事だって出来る。海外で働くのだって何だって。要は自分のやりたい夢に対してどれだけ本気で「やろう!」と思っているか?それだけなんだなと。僕たちは今すぐ、この瞬間に何者にでもなれる。と。

という事で、僕は僕が本気で「やりたい!」と思える事を本気で追いかけてみようと思います。30歳まであと2年。結婚もしていなければ、子供もいない。今、挑戦してみようと思います!

2017年9月:オオホリ ミキオ



スポンサーリンク