リクナビネクストにホワイト企業の求人はあるの?人材業界出身の僕が解説するよ!

スポンサードリンク







こんにちは!日本10周中ブロガーのオオホリ(@OOHORI_bicycle)です。

「職場が労働時間が長い」「休日出勤が多くて・・」そんな理由でホワイト企業への入社を目指して転職活動を始める人も多いですよね。

ここで気になるのが、ホワイト企業の求人ってどこで探せばよいのか?ですよね。

という事で今回は転職サイト最大手のリクナビネクストにホワイト企業の求人は出ているのか?

人材業界出身の僕が解説しますよー!

あなたにとってホワイト企業って何?

一口にホワイト企業と言っても、んな企業がホワイト企業なのかはその人によって違います。

なので、まず転職によって自分のどんな状況を改善したいのかをハッキリさせる事が大切ですね。

エンゼルバンクより

就業時間・休日・離職率・企業の安定性・知名度・人間関係などなど優先順位を付け、まずはあなたにとっておホワイト企業の定義を決めましょう。

リクナビネクストを使ってホワイト企業を探そう

優先順位が決まったら、早速求人探しです。

まずはリクナビネクストに登録した後に、職種や勤務地などで求人を検索します。

その後、画面右下にある「もっと詳しく設定する」をクリック。


開いた画面から「こだわり条件」を選択します。


そうすると条件選択できる画面になりますので、自分が重視する条件を選択しましょう。

ホワイト企業を探すなら「年間休日120日以上」「17時までに退社可」「離職率5%以下」とかの条件は良さそうですね。


求人が少なすぎる場合は優先順位が低い条件フラグを外したりしつつ、条件を調整ながら希望の求人を探していきましょう!

条件フラグのみで判断しないこと!

このような条件での検索も重要ですが、この条件検索のみに振り回されないようにしましょう。

なぜかと言うと、担当営業の案内不足や条件フラグの上限数の関係で全ての条件を表示出来ていない場合があるからです。

なので、条件検索だけでなく、求人の中身の「休日・休暇」「待遇・福利厚生」の欄もしっかり見ると良いですね。

また、各欄には文字制限があります。

なので求人を作る側としては、入り切らない情報を「給与」の欄や「仕事内容」の欄に入れたりすることもありますね。

上位表示=良い求人ではない

リクナビネクストで求人を探していると、1ページ目・2ページ目・・・と求人が並んでいる中で、前半のページのほうが豪華な求人の作りになっている事にいづくと思います。

これは上位に表示したり、写真の加工やインタビューの人数を増やすと掲載料が高くなる仕組みになっているからなんですね。

なので、上位だったり前半のページに表示されている企業の方が求人費を投資している企業という事になります。


かと言って上位に表示されている企業にホワイト企業多い訳でも無いです。

ホワイト企業の求人は人気なので、小さい枠で下の方に表示されている事も多いんですよね。

ホワイト企業が求人をかけるタイミングを見逃すな

また、これは僕の人材業界での営業経験上での話になりますが、ホワイト企業はピンポイントでしか求人を出していないケースが多かったように思います。

要は人が辞めないので、欠員のタイミングでしか求人をかけないんですね。

なので、そういった企業との巡り合えたらラッキーですね。

リクナビは水曜と金曜に案件が更新されますので、そのタイミングで再チェックをしたほうが良いですね。

リクナビネクストでホワイト企業を探そう!

しっかりした手順で探せば、ホワイト企業は見つかります。

僕も人材業界で営業していて「この会社良いな〜」と思った事が何回もありましたw

ただ、冒頭にも書きましたが、いちばん大切なのはあなたにとってのホワイト企業とは何か?どういう働き方&生き方をしたいか?を定める事ですね。

幹がしっかりしてないとブレますので、しっかり定めたうえで転職活動をしましょう。

ではでは!

皆さんが良いキャリアを歩めますように!

リクナビNEXT

他の転職系の記事はコチラ!!

やりたい仕事が分からない?人材業界出身の僕が見つけ方を教えるよ。

【2017年12月版】転職サイトの求人数ランキング(転職サイトの裏事情バラします)

転職エージェント経由で落ちた場合に直接応募しても大丈夫?人材業界で働いてた僕が解説するよ。

やりたい仕事が分からない?人材業界出身の僕が見つけ方を教えるよ。

転職の際、求人の条件や待遇が合わなくて諦めてませんか?それ交渉できるかも知れないです。

 



スポンサーリンク