リクナビネクストで面談できるの?人材業界出身僕が解説するよ〜!

スポンサードリンク







こんにちは!日本10周中ブロガーのオオホリ(@OOHORI_bicycle)です。

転職サイト最大手、リクナビネクストを通して面談したい。そんな風に思った事はありませんか??

そんな時の対処法に関して、人材業界出身の僕が紹介しますよー!

リクナビネクストで面談は出来ない

先に結論を書きますが、リクナビネクストを通じて転職の相談は出来ません。

リクルート系列で転職相談ができるのはリクルートエージェントというサービスになります。


なので、転職相談がしたい場合はリクルートエージェントを使いましょう!

リクルートエージェント

転職サイトと転職エージェントの仕組み

ここで、転職サイトと転職エージェントの仕組みを説明しておきます。

  • 転職サイト:サイト通じて企業と直接繋がる
  • 転職エージェント:エージェントを通して面談をしたうえで企業と繋がる

転職サイトの場合、企業と「直接」繋がるという点がポイントです。


転職サイトの場合は企業と直接繋がりますので、応募前の企業選びから応募後の対応までリクナビネクスト側が関わる事はありません。

乱暴な言い方をすると、「うちは転職希望者と募集企業を繋ぐので、あとは両者で自由にして下さい」というのが転職サイトのスタンスです。

それに対して、リクルートエージェントのような転職エージェントでは応募企業の選定から面接対策までフォローをしてくれます。

リクナビの案件をリクルートエージェントで相談する事はできない

リクナビネクストとリクルートエージェントで取り扱っている求人案件は「別モノ」です。

なので、リクルートエージェントで「リクナビネクストに載っている案件について相談したいのですが・・・」と言っても相談にはのってもらえないです。

何故かと言うと、リクナビネクストとリクルートエージェントは全く別のサービスなので、求人案件の情報も全く別の管理がされているからなのです。

一部、リクナビネクストとリクルートエージェントの両方を利用する企業もあります。 

また、募集する企業側からするとリクナビネクストとリクルートエージェントを利用する目的も違います。


なので、案件の系統も少し違う傾向があります。

必要なサービスを使い分けよう!

「リクルートエージェントの方が相談もできるしコッチを使っておけば大丈夫!」ということではなく、必要応じて使い分けると良いでしょう。

向き不向きもありますので、両方併用してみて自分に合った方法を見つけるのも良いかも知れませんね!

リクルートエージェント

リクナビNEXT

ではでは!

皆さんが良いキャリアを歩めますように!



スポンサーリンク