リクナビネクストから「応募歓迎」や「面接に来ませんか?」が来た!どれくらい信用できるの?

スポンサードリンク







こんにちは!日本10周中ブロガーのオオホリ(@OOHORI_bicycle)です。

リクナビネクストを使っていたら、突然「応募しませんか?」「面接に来ませんか?」と通知がでた!そんな事はありませんか?

「これって選考が有利に進むのかな??」そんな疑問に人材業界出身の僕がズバっと答えます!

リクナビのオファー系の通知を整理するよ

リクナビには「応募しませんか?」「面接に来ませんか?」という通知以外にも、実は色々な企業からのアプローチ機能があります。

公式サイトにも解説があるんですが、絶望的に分かりにくいww

なので僕がサクっと整理しますね。

選考への影響度はあくまでも僕の推測ですのでご注意ください。また、「提携エージェントからのプライベートオファー」と「オープンオファー」は求人案件そのものへのオファーではないので、選考への影響度は空欄にしています。

「応募しませんか?」「面接に来ませんか?」というのは応募歓迎というカテゴリのサービスになります。

なんか種類が多くて分かりにくいっすねww

なんでこんなに種類が多いのか?

応募歓迎だとかオファーだとか、企業から転職者にアプローチする仕組みが多いのは何故でしょうか?

それはズバリ、今が「売り手市場」だからです。

乱暴な言い方をすると・・・

転職者
うひよー!!仕事選び放題だぜぇー!サイコー!
 
人事担当
全然採用できねぇ。。ナンダコレ。リクナビさーーん!何とかしてくれよーー!!

ちょっと言い過ぎましたが、極端に言うとこんな感じの状況ですwww

実際に有効求人倍率もバブル期を超える水準まで上がってます。

日本経済新聞HPより

そんな状況なので、リクナビ側も「これが新機能の【応募しませんか】です!」みたいな感じで色々なアプローチを増やしたんだと思います。

応募歓迎が来ると選考が優利に進む?

さて、本題ですが選考が有利に進む場合もあるでしょうし、容赦なく落ちる場合もある!

元もこない回答ですが、その会社や人事担当によって転職サイトを使いこなすリテラシーって全然違うのでこういう回答になってしまいます。

一口に人事担当と言っても、中途採用だけを専門でやっている人もいますし、総務も併せて人事総務としてやっている人もいます。なので、どれぐらい採用に精通しているか?というのはバラバラなんですね。

人事担当
あれ?応募歓迎ってどういう機能だっけ?リクナビに問い合わせないと・・・

みたいな事が起こる場合もあります。(僕が営業していた時も、こういう問い合わせへの対応はしょっちゅうでした)

なので、機能の使い分けをよく理解して「この人はうちの会社に合うぞ!」と気合を入れて送っている場合もありますし、「この機能が勿体うないからとりあえず送ろう・・・」と送っている場合もあります。

こういう温度感までは正直読めませんね。(個別のメッセージが付いている場合にはその文面から温度感が読めることもありますが)

もっと裏事情を暴露すると・・・

こういったスカウト系のサービスって開封率とか返信率のデータをとる事があるんですが、そこまで大きく跳ねることがないんですよね。

なので、採用戦略として厳選した人におくるより条件がある程度合致する人に大量に送るほうが採用できる確率が高い場合の方が多いんです。

※ピンポイントな条件での募集で厳選して送った方が良い場合もあります


因みに僕の営業時代の鉄板トークは「スカウトは100人に送って返信は1人か2人」でした。

結論:スカウト系サービスにに踊らされるな!

企業再度からスカウト系のアプローチがあった場合、選考が有利に進む可能性は充分にあります。

でも、それに踊らされずに地にしっかり足を着いて1つ1つの選考フローをクリアしていきましょう。

※スカウトも上手くハマれば良いサービスですが信じ過ぎず慎重に!

ではでは!

皆さんが良いキャリアを歩めますように!

リクナビNEXT



スポンサーリンク