就職で上京してアパートを探す前にこれだけは気をつけたい2つのポイント




こんにちは!オオホリ(@OOHORI_bicycle)です。

「東京に行って仕事しよう!」「どんな街が良いかな?吉祥寺?下北沢?」「バス・トイレは別の方がよいなー!」などなど・・・。夢は色々膨らみますね!

でも、ちょっと待って!

まず先に考えなきゃいけない事があるんです!

【1】職探しと家探しはどっちを先にするか?

「上京して就職しよう!」と思った時に、まずぶち当たる問題がこれでは無いでしょうか?

どちらにもメリットとデメリットがあります。

ケースバイケースですが、「仕事を先に決める派」の方が多いようです。

最悪のケースを想定すると、仕事を変えるよりは家を変える方がハードルは低いので、仕事を先に確定させてしまって「最悪の場合は引っ越ししよう」ぐらいの心持ちの方が良さそうですね。

【2】勤務先で寮や家賃補助はあるか?

就職と家探しをどういう順番で進めるかにもよりますが、会社の補助に関しても確認しておきましょう。

そもそもの話ですが、就職先の職場で寮や借り上げ社宅の用意がある場合もありますからね。

上京するうえで、住居費は一番気をつけた方が良いです。

個人的には何らかの住宅系の福利厚生のある会社をオススメします。

プロに相談するのもひとつの手

上京したてのタイミングで仕事も家も同時に探すのは大変そう・・・。

そんなアナタはプロに相談してみるというのもひとつの手です!

Tokyo Dive(トーキョー ダイブ)は東京で就職を希望している人に向けて「仕事」と「住まい」の両方を提供するユニークなサービス。

TokyoDiveのスタッフはこれまで沢山の人の上京をサポートしてきたプロの担当がついて、あなたの上京に関する希望を聞きつつアドバイスをしてくれます。

電話での相談もできますし、料金もかかりませんのでまず相談してみるのはアリ。

無料で相談する
 
※Tokyo Diveの評判などはコチラの記事にまとめていますので、良かったら見て下さい

ではでは。

皆さんがよい人生を歩めますように!