スーパー10代の活躍に飲み込まれるな!




史上最年少でプロ棋士となった将棋の藤井聡太四段(14)

THE PAGEより

世界選手権で48年ぶりの女子シングルスのメダルを獲得した平野 美宇(17)

朝日新聞DIGITALより

20歳以下のワールドカップ日本代表に、「飛び級」での招集された久保建英(15)

THE PAGEより

などなど、最近10代の若手の活躍が目立ちますね。

こういった若い世代がほんの数年前までは考えられなかったような成果を残しています。

上の世代からすると嬉しく思う反面、スーパールーキーたちの勢いに飲み込まれてしまうような気持ちになってしまいそうですね。

あなたの日常にもスーパー10代が現れる

これは何もスポーツの世界だけの話ではありません。

あなたの日常にもスーパー10代が現れる可能性が充分にあります。

それは今後、技術革新のスピードが加速していく事が関係しているんですね。


特にここ数年は昔に比べてあらゆる技術がめまぐるしいスピードで生まれてくる世の中になっています。(もはやスマホ無しでの生活なんて考えられないし・・・)

デジタルネイティブという言葉がありますが、今の小学生の世代なんかは、もはやスマホネイティブですよね。

今後はVRネイティブ仮想通貨ネイティブみたいな世代がドンドン出てきて、TVの中の若い子ではなく近所の子や親戚の子から、そういったスーパー10代が出てくるでしょう。

あなたは若い世代に何を渡せますか?

K.suzuki (@K_suzuki_8886)さんから頂いたこの意見、仰る通りですね。

技術がドンドン進歩していく中で、ネイティブ世代に有利な場面は多々出てくるでしょう。

なので重要なのは、年齢が上がっていくに連れて下の世代に伝えられる事を自分の中にしっかりと育ててて行くことですね。

それが若い世代に対する指導者としてのものなのか?背中を見せるプレーヤーとしてのものなのか?それはその人のスタイルによるでしょうが、この視点を持っておくのは大事そうです。

そんな事をお風呂に入りながら考えたのでしたとさ。

おしまい。