僕が何度も読み返してしまう激アツなスポーツ漫画を紹介する。




皆さん、漫画はお好きですか?

僕は、うおおおおお!と思わず叫びたくなるような漢気溢れるスポーツ漫画が好きです。

今回は、そんな中でも僕が何度も読み返してしまうスポーツ漫画を3つ厳選しました。

僕の感性古いのか?全て1990年代に連載していた作品となっていますがw

超絶アツい作品ばかりです。

いくぞぉぉぉぉぉ!!!

 

1.昭和の古き良き部活:柔道部物語

1つ目は柔道漫画。舞台は岬商業高校という高校の柔道部です。

新入生の三五 十五(さんご じゅうご)は友人に誘われて柔道部の見学へ。

すると、柔道部は髪自由で、女にモテて、就職にも有利良いことだらけとの事!

まるでブラック企業の企業説明みたいですねw

コレは良い部だ!という事で入部するのですが・・・


入部初日からメチャメチャしごかれ、完全に騙されてしまうのですwwww

日常はくそオモロイけど試合は本格派

でも、そんな先輩たちも口だけじゃないのが良いところ。

しっかりした実力者なんですねー!

そんな岬商業は、地獄の合宿などを経て徐々に強くなっていきます。

本当は強いのにヤル気が無い先生とか、部活をサボろうとするやつとかも出てきて、「高校の部活の日常感」が最高にオモロイいんですよねーーwww。


そして、普段のコメディタッチとは打って変わって試合描写は超本格的。

バスケ漫画でいうところのスラムダンク的な感じに王道スポーツ漫画です。


そして、ラストの成長した姿は超ゲキ熱です!!

古き良き青春を体感したい方は是非!

 

2.創部2年目の奇跡:シュート!

2つ目はサッカー漫画で、舞台はサッカー王国静岡。

主人公トシが所属する掛川高校のサッカー部はまだ創部2年目です。

なので、序盤は徐々に仲間を集めていくところから。

不良ヤローとか。ガリ勉ヤローとか。

ひとりひとりにストーリーがあって面白いんだなぁ〜!

そしてチームをまとめるのが久保キャプテン!

この人が日本を代表する超スタープレイヤーなんですねー。

そんな人がなんで創部2年目の弱小校にいるのか???これも物語の重要ポイント!


久保さん活躍もあり、創部1年目でベスト8までは勝ち上がったのですが・・・。

創部2年目は選手層も薄く、トラブルも続出。

そして、やがて最大の危機を迎えます・・・。

連載13年での成長がハンパない!

このシュート!ですが、連載が1990年36号より2003年24号まで約13年間とメチャメチャ長いんですよね。

主人公が入学して1年生の時のインターハイから2年目のインターハイ、そしてワールドユース編まで含む壮大な物語になっています。

なので、キャラの成長度合いもハンパない!副将の神谷さんなんか完全に別人ですからねw

始めはザコキャラだった新田君の努力に努力を重ねた末の成長とかも胸熱です!!!

ぜひ掛高の伝説物語を読んでみて下さい!

 

3.ある天才の狂人的な人生:シャカリキ

3つ目は自転車漫画。

主人公の野々村輝(テル)は主人公のクセに全然喋らないのが特徴ですw

テルは坂ばっかりの街に引っ越してくるのですが、ある日ずっと欲しかった自転車を買ってもらいます。

街で一番長い「一番坂」に挑戦するためでした。


テルは来る日も来る日も坂に挑戦し続けます。

そして、とうとう一番坂を軽々登れるようになり、坂の街の有名人となりました。


そんなテルの前に突如現れたのがライバルのユタ!

そして、絶対の自信があった坂でボッコボコにされてしまいます。

大海を知ったテルはユタのいる自転車競技の強豪校への進学を決意。


その後、スポーツ漫画定番の地獄の合宿などを通して、テルは坂を登るクライマーとしての才能を開花。

登りのスペシャリストとして成長していきます。

相手と「競争しない」から強い

そんなテルのクライマーとしての強さは「相手と競争していない」こと。

横を走っているライバルの事なんか見ていないんです。


テルが戦っているのは「自分自身」。

常に真っ直ぐにゴールだけを見ている姿勢に心打たれます。

そして、テルの真っ直ぐすぎる執念はやがて狂気へ。

こんなヤツに敵う気がしませんね。


とーちゃん、かーちゃんも、こんなに心配して・・・・。


テルはどこまで行ってしまうのでしょうか?

続きはコミックで確かめて下さい!

 

気になる作品はありましたか?

kindleであれば、スマホで今スグにでも読み始められますよ〜!

ではでは。

スポーツ漫画以外も今度特集しますね!