「山の目の前に住む」という夢が叶って僕が思ったこと




東京でサラリーマンしていた時の僕がそうだったのですが。

都心在住のアウトドア好きの人って大変なんですよね。

何故なら、アウトドアをするための「場」である自然までが遠いから。

僕も、サラリーマン時代は自転車に乗るためにエラい苦労していました。

Twitterに投稿したところ同じように感じている人がいるようですね・・。

うーん。

同じアウトドア好きとしてスゴく分かります・・・。

山の近くに住みたい

大学時代は東京の八王子という23区外の郊外エリアに住んでいて、山が近く大学時代の大半は自転車で山を駆け巡っていました。

それが、社会人になって働きだしてからは職場が近い品川区に住むようになりまして。

自転車に乗るために、自転車を専用の袋に入れ、山の近くの駅まで移動してから乗っていました。

新宿駅とかを通過するのは超大変でしたね・・・。

こんな感じ

始めのうちは、忙しい合間を縫って自転車にチョイチョイ乗っていたのですが、徐々に自転車に乗る頻度は落ちていきました。

そして、この頃から「将来は自転車に乗りまくるために山の近くの自然豊かな場所に住みたいなぁ」とぼんやり思い始めていましたね。

でも、それは「いつか」「将来」だったんです・・・。

直ぐには実現できないと勝手に思い込んでいました。 

住む場所は選べる

そんな僕ですが、今は起きたら目の前が山!

高知の山奥に住んでいます。

サラリーマンの時に自分が理想としていた環境で暮らせているワケです。

そして、実際に暮らしてみて思ったのが、「ああ、この生活って別にいつでも、その気になれば実現できていたんだろうな」ということ。

昔の僕は「山の近くに住んだら仕事はどうするんだろう?家は?人間関係は?」なんていう事をグルグルグルグル考えてましたが、要は本気で「山の近くでの暮らし」を目指してはいなかったんだと思います。

本気でそうしたいなら、実際にそういう暮らしをしている人に会いに行ってただろうし。

本気でそうしたいなら、山の近くに引っ越してそこから会社に通ってただろうし。

本気でそうしたいなら、仕事なんて捨てて行ってただろうし。

そんなに自転車に乗りたいなら乗れよ。山の近くに住みたいならスグ住めよ。みたいな感じ。

結局は都会のサラリーマン生活に不満はありつつも、一定の満足をしていたんだと思います。

最終的には爆発して会社辞めますが・・w

同じような希望を持つ人の助けになりたい

そんな事言っても今の生活の全てを捨て去るなんて難しいですよね。

・・・その気持スゴく分かります。かつての僕もそうでしたので。

なので、解決策は副業なんじゃないかなと思っています。

独立・起業に至らなくても、月に3〜5万の副収入があったら人生の選択肢って増えますよね?

僕がブログをやっている理由は、人生の選択の幅を広げて、自然の側で自由にノビノビ生きられ人を増やすため。

そんな方々の何かのお役に立てれば幸いです。

そう思っております。

副業の具体的な話に関してはこちらの記事で公開していますので、良かったら見てみて下さい!

「会社に行きたくない」「働くのが嫌だ」の解決策は「副業」だ。

ではでは。