僕は悩む事をやめた




こんにちは!

オオホリです。

突然ですが、僕はもう悩むのをやめました。商売の師匠から教えてもらった一言がきっかけです。

悩むのはエネルギーの無駄。頭で考えるから悩む。悩みそうな時はとにかく紙に書く。紙に書く事で【悩む】が【考える】に変わる。

【悩む】ことがなぜエネルギーの無駄なのか?それは悩むという行動が受動的だからです。悩んでいる限りは、悩みのタネに翻弄され続けるだけなのです。

「営業数字が達成できそうにない。。どうしよう。。」
「上司に怒られてばかりのこの環境が億劫だ。。。」

「今月はお金がピンチだ。どうしよう。。」

全て周囲の人や環境に左右されている状態です。(今までの僕の話です笑)

対して、【悩む】を【考える】という方向に持っていくと、気持ちが上向いてきます。なぜなら、考えるという行動は能動的だからです。悩んでいたことが自分でコントロールできることになるのです。では、どのようにして【悩む】→【考える】に変えるのか?

それは書くことです。とにかく紙に書く。【悩む】と【考える】を分けるのは書くという行動です。頭の中でグルグル考えるから不安になったり憂鬱になったりします。

僕はもう悩むことをやめました。自分の人生を自分でコントロールするために。※写真は僕が「痩せたい」と悩みそうになった時に書いた紙です笑