僕は他人と競争するのが嫌いだ。




こんにちは!オオホリです。

サラリーマンとして営業をしていても、商売をしていても、後輩や年下からの突き上げってあるんですね。自分より後輩がガンガン売り上げをあげるとか。。

よくサラリーマンの上司からも「後輩に抜かされるぞ!」とか「同期の○○はもうこんなことやってるぞ!」とか言われるんですが、なんかモヤモヤした気持ちだけが残ってしまって。

どうしたもんかと考えていました。

今回、自分の中で考えを整理してみたのでブログに書きたいと思います。

僕は、誰かがムキになって張り合っているのを見ると嫌な気分になるし、負けず嫌いの人ってなんであそこまで攻撃し合うんだろうと思ってます。

例えば、サラリーで首都圏のトップ営業マン。商売でメチャメチ稼いでいる人。

その人達をライバルにして「ぜってー負けねぇ!」と奮起して頑張れるイメージが僕には無いです。

僕は他人に対してライバル意識むき出しにして、それを糧に頑張ることは出来なさそうだなぁと思います。

かと言って、「そういう人達には敵わないから・・・」と、卑屈にセコセコ生きるのも嫌です。


なので、僕は自分の最上級の理想をライバルにしようと思います。自分が「こうなったら良いなぁ〜」と心底思うことをライバルにして頑張ろうと思います!

自分のライバルは自分。

なんかありふれた話かも知れないですが、僕の中ではスッキリしました。

その代わり【最上級の理想】なので、「無理だろうな」とか「ありえないな」とかキャップを被せずに考えたいと思います。他人との争いで疲弊するより、理想とのギャップを見た方がワクワクしますしね

今日もがんばろ!

――2018年3月11日追記――

ストレングスファインダーという強み診断をやってみたところ、僕は「競争性」という実行力資質がとても弱い事が分かりました。

そんな僕が強く持っている実行力資質は「規律性」や「信念」。

自分が決めたルールに従ったり、自分の理想を追い求めるために行動するのは得意なようです。

この時の感覚は間違っていなかったんだなぁ。

▼ストレングスファインダーはこちら▼