みんなで山形名物の「大麦きり」を食べたよ!(PR記事)




・・・。

・・・・・・・・?

高知に住んでいるのに「なぜ山形?」そう思いましたかね???

何を隠そう、今回は山形県三川町とのコラボイベント!

なんと、特産品をお試ししてPRする「三川町アンバサダー」というオイシイ企画に参加させて頂いたのです!

今回はそんな山形県三川町の名物の中から「大麦きり」を紹介させて頂きます!

そもそも、大麦きりって何って感じじゃないですか???

この記事を読んだら、アナタも大麦きりをポチってるかも!!

大麦きりは山形のご当地麺

https://www.tsuruokakanko.com/

ズバリ、大麦きりとは山形県のご当地麺です!

名古屋の「きしめん」みたいな感じですね。

そして、その名の通り大麦を原料としています。


因みに小麦を原料とした麺はうどん・冷麦・素麺です。

作り方や成分が少し違うそうですが、この3つは太さが違うだけみたいですね。

小麦と大麦の違いって何なんだろう???

https://blogs.yahoo.co.jp/aichou1963

ここで、そもそも小麦と大麦って何が違うの?

みなさん、そう思いません??

調べてみると、両方とも稲の仲間で種子を食べるという点は共通しているみたいですね!

小麦にはグルテンが多く含まれており、大麦にはグルテンがほとんど含まれていないというのが大きな違いみたいです。

「小麦」…小麦粉、パン、うどん、中華麺、パスタ、菓子などの原料

「大麦」…醤油、味噌、ビール、麦茶、ミロ、麦飯などの原料

というように加工されるとのこと!

小麦を使った麺は沢山ありますが、大麦を使った麺は見当たらない・・・。

ますます、どういう味なのか気になります!!!

いざ、実食。

 

当日は近くのシェアハウス兼コワーキングスペースに人が集まるタイミングを狙ってイベントチックにしてみました!

皆さん、「大麦きり」という麺に関しては知らないので興味深々!

こんな麺だよ!

今回提供頂いたのは大麦きりの生麺。

色はうどん・素麺のように真っ白ではなく、そばのように少し灰色・茶色がかったような色。

太さはうどんよりは少し細いかな・・・・という感じです。


グツグツと音を立てて煮ます。

デンプン?的な成分が出てきてドロドロになっていました。

なんか力強い感じの麺やな。

お味は・・・・?

そして。

いざ実食!

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

新感覚!!!!美味しい!


麺自体は太いので存在感があってモチモチ。うどんを思わせるような満足感があります。

それなのに、うどんよりツルっといける!

正にうどん・素麺の間くらいの感じ・・・・。

ネギやミョウガといった薬味と一緒に食べると、薬味に負けない麺の主張。

なんだけど、うどんのように麺の主張が激しすぎない・・・。

うん!これが麦きりか!

お買い求めは「めいぶつチョイス」で!

https://www.meibutsu-choice.jp/

大麦きりが気になっちゃった、そこのアナタ!

購入は全国の良いものが集まる「めいぶつチョイス」で買うのがオススメ。

というのも、今回紹介したのは丸喜さんの「大麦きり」。

山形でむぎきりは郷土料理としてポピュラーですが、大麦を使った大麦切りはおそらく「山形の丸喜のみ」と言われているからなんです!!(他でもあったらすみません)

コチラのリンクからアクセスして、ぜひこの味を体験してみてください〜!

ではでは。