コロンビア・スポーツウェアってどんなブランド?




コロンビア(正式名称コロンビア・スポーツウェア)は1938年にアメリカオレゴン州ポートランドの帽子問屋から始まったアウトドアウェアメーカー。

ブランド名の「コロンビア」はコロンビア川にちなんで名付けられたそうです。

現在ではマウンテンパーカーの他にも靴や、ヘッドギア、キャンプ用品、スキーウェアなども手がけている総合アウトドアウェアブランドとなっています。

今回はそんなコロンビア・スポーツウェアがどんなブランドなのかについて紹介させて頂きます!

リーズナブルで挑戦しやすいブランド


画像出典:http://www.columbiasports.co.jp/

コロンビアは少し安めの価格設定が特徴。

創業期から関わっている現会長のガート・ボイルが「お子さんが何人もいる家庭で、高いジャケットやコートは何着も買えないでしょう。だからコロンビアでは適正な価格を大きなテーマにしています。」と言っており創業時からの理念となっているのです。

画像出典:http://www.columbiasports.co.jp/

実際にコロンビアジャパンの2018年モデルマウンテンパーカーは1万円〜4万円程度の価格となっています。

その中でも1万円代〜2万円代が多く、他のブランドのように5万・10万のモデルは展開していないですね。

オムニテックやオムニヒートなどの独自技術

画像出典:http://www.columbiasports.co.jp/

コロンビアのマウンテンパーカーには独自の技術が多く取り入れられています。

中でも一押しなのはオムニテック。これは防水透湿性のある素材で、一言で説明すると雨など外からの水は弾き汗など中からの水は発散するという技術です。

他のブランドではゴアテックスという防水透湿性素材を取り入れてることが多いですが、コロンビアは独自の技術を使っています。この点がリーズナブルな価格を実現できている理由かもしれませんね!

画像出典:http://www.columbiasports.co.jp/

他にもウェアの内側にアルミニウムをドット状に配置して体温を反射させてウェアないの温度をキープするオムニヒートなど独自技術を複数展開しています。

ただ、雪山登山などで使うガチの機能性を備えたウェアの展開は少ないですね。

ストリートに映えるデザイン

画像出典:http://www.columbiasports.co.jp/
コロンビアのウェアといえば総柄や切り返しなどポップなデザインが多いのが特徴。

しかもかなりバリエーションも豊富です。

アイテムにもよりますがサイズもXSからXXLまで幅広く展開されておりファッション用途での利用もしやすい工夫も嬉しいですね!

まとめ

コロンビアはまた独自の技術で機能性を確保しつつ安くてデザイン豊富!

マウンテンパーカー初心者には挑戦しやすいブランドといえるでしょう。

ぜひ、コロンビアの実際のアイテムに関しても見てみてください。

ではでは。皆さんと素晴らしいマウンテンパーカーの出会いがありますように!