峠の調査員計画に関して




イメージをした事しか実現しない。逆にイメージしたものは実現する可能性がある。という事で、僕が今思い描いている未来のイメージについて今日は書こうと思います。

2018年11月30日(土)。寒くなってきてそろそろロードバイクはオフシーズン。2年の歳月をかけて、やっと峠の調査員のサイトが完成した。このサイトは僕が日本全国を回って作ったサイトだ。「この峠の景色は素晴らしい!」という峠の情報を100箇所以上集め、僕が一眼レフで撮った写真をきっかけに「こんなすごい景色の峠があるんだ!」という峠との出会いができるサイトになっている。自転車で登るのに必要な、距離や標高・平均勾配などの情報も網羅しているので、【写真で峠を探す】以外にも【標高ランキングで探す】【激坂ランキングで探す】といった機能も導入している。

思えば、この活動に踏み切るきっかけは、2016年の2月に会社の研修で長野県木曽町にいったのが一番初めだった。木曽町で生活する人にインタビューをさせて頂いたのだけど、当時自分が持っていた労働観とは違いすぎて、カルチャーショックだったのが凄く強く印象に残っている。働くという事や人生に関する考え方に関しても色々な考えがあり、世界は広いなと思った。それからプロブロガーの方に会いにいったり、路上で靴磨きをしたり色々な事に挑戦した。色んな人の話を聞き、色々な経験をして、もの凄く考えた。とにかく沢山ノートに書きまくった。そして2017年の5月末に会社に退職意向を伝え、大きな決断をした。

会社を辞めてからは車に自転車を積んで日本全国の峠を回る旅がスタートした。まずは北海道スタート。もの凄く開放感を感じたが、貯金も少なく不安だった。当時の僕は自分の人生を変えたいと思っていた。言い換えると現状から逃げたかった。当時の上司や商売の先輩からは今の環境で成果が出ていないのに上手く行くはずはないと言われた。でも旅に出る前の僕は凄くワクワクしていた。人生が変わりそうな気がしたし、好きなことを仕事にしたかった。どこにいてもお金を稼げるようになりたかった。旅をしながら人生を送りたいって思った。それに、悩みながらも見つけた「都会と自然をつなぐスイッチになる」というビジョンは本気で実現したいビジョンになっていた。

旅はそう簡単に上手くは行かなかった。すぐに資金が底をつき、2017年の冬期は住み込みバイトをして資金を貯めた。でもその間にもブログの更新と勉強は続けた。そして再び資金がたまり、2018年の4月にまた旅を再開した。毎日峠に登って記事をアップするのは大変だったけど、自分で決めてやった事は楽しかった。そして、2018年の11月に事前にリストアップしていた100の峠情報を集め終わった。現在では日本の47都道府県ほぼ全てに2つぐらいの素晴らしい峠の情報がある状況になっており、ありがたい事に沢山の人がこのサイトにアクセスしてくれている。週末には仲間と近場のエクセレントな峠に出かけて自然のパワーをたくさん貰っているのかな?今度の長期休みには少し足を伸ばしてあの憧れの峠に挑戦するのかな?

自転車・スポーツ・自然・キャンプにはもの凄いパワーがあると思う。峠の調査員の旅は一旦終わりになるけど、「都会と自然をつなぐスイッチになる」というビジョンのもと、新しい事に挑戦していきたいと思う。幸い、このブログも少しづつ収入に繋がるようになってきた。素晴らしい自然との触れ合いにより、日本にもっとパワーが充填されますように!よーし今日も頑張ろう!

<僕に勇気を与えてくれたクリエイター>

イケダハヤトさん:勇気を出して「環境のせい」にしよう。

あんちゃさん:25歳女、新卒で入社した会社を2年で退職しました。葛藤と決断について

さくぽんさん:僕、会社辞めました。

jMatsuzakiさん:たった2日の休日のために残りの5日をドブに捨てる生活は馬鹿げている

ジョーブログさん:EXILEのATSUSHIさんがジョーブログに出演してくれました!

ワタナベマホトさん:【恋愛】マホトの中学からの話【高校中退】