【自転車乗り✕一眼レフ】ド素人が写真家に一眼の使い方教えてもらった




こんにちは!オオホリです!

峠の調査員プロジェクト遂行にあたって、必要不可欠なのが美しい写真を撮影する事!

しかし、いかんせんカメラや写真に関する知識が全く無いのです・・・・。

ということで、自転車乗りかつ写真方面に明るい友達に、超基本的な知識と使い方など教えてもらってきました!

自転車乗りが使うべき撮影モード

オオホリ
もう超基本的な事から分からないんだけど・・・・。まずさ、モードが沢山あるけど何を選べばいいかな?
写真家
モードは大きく分けて2つあって、こっちの①の方は自分で値を設定したりするモード。そんで②の方はカメラが自動で判別してくれるモードって感じかな。ザックリだけど。

オオホリ
なるほどね。ザックリのがありがたいっす!自動判別の方は絵が描いてあるから、スポーツとか風景とか人とか分かりやすいね。
写真家
そうそう。ほんで①の方はM、Av、Tv、Pってのがあるね。風景撮るんだったらPとかAvを使うことが多いかも。PはプログラムAEっ言って、①の中でもカメラ側が一部の設定は勝手に選んでくれるモードだね。
オオホリ
なるほど。②寄りって感じね。Avはどんな時に使うの?
写真家
絞り優先っていうんだけど、背景ぼかしたり手前から奥にピント合わせたりできるんだよね。その時にF値っていうのがあって・・・

ボヤかした写真を取る時はAvモード

オオホリ
あーソレソレ。F値とかその辺の用語から教えて欲しい。
写真家
F値っていうのは、光の取り込む穴の大きさを数値化したもなんだよ。値が大きいほど絞られていくようになってるんだよ。
オオホリ
なるほどー。絞られていくと何が変わるの?
写真家
絞られると、シャッタースピードが早くなって、背景をボカした写真が撮れるんだ。
オオホリ
なるほどー!確かに背景がボヤけてる!
写真家
そうそう。シャッタースピードを遅くすると、滝の水を白く流れるように撮ったり、星空を流れるように撮ったりもできるよ。
オオホリ
おー!よく見るやつや!

明るさを調整する要素

オオホリ
あとは電源つけた時に、画面にも色々出てきて分けわかんないんだけど・・。
写真家
Av、F値はさっきのでわかったと思うから、次は画面の中にある−3・・・+3のやつだね。これは補正って言って要は写真の明るさだね。
オオホリ
なるほど。これはなんとなく感覚でわかるわ。ISOってのは?
写真家
ISOってのは光を感じる感度の良さだね。数値を上げると暗いところでも明るく撮ることができるよ。でもそのかわり写真にザラつきが出ちゃうんだよね。なんで画質にこだわる場合には上げすぎは注意。
オオホリ
ふむふむ。色々組み合わせて撮るって感じね。使ってみないと分からんかね?
写真家
そうだねー。いろいろ試してみてちょ。

 

風景写真に影響が出るのは画角と構図

オオホリ
あとさ、ほとんどは峠の写真だから風景写真がほぼメインなんだけど、なんか気をつけることってあるかな?
写真家
うーん。画角はあるよね。それくらい広い範囲を撮れるかって事なんだけど。これはレンズの問題だからねぇー。
オオホリ
なるほどぉ。ちょっとお高いやつですよね。それは追って検討しますわ。
写真家
あとは構図かな。基本的な構図がいくつかあるから、こういう感じの本で軽く見てみるとためになるかも!
オオホリ
なるほどぉ!一定ルールが有るわけね!勉強になります。

カメラの持ち歩き

オオホリ
あとさ、このカメラ、フロントバッグに入れて峠に持ってこうと思ってるんだけど大丈夫かな?w
写真家
まじかw ちょっと心配だけど転ばない限り大丈夫かな?
オオホリ
おけ。とりあえず人柱となって実験してみるわ。壊れたらそれもブログのネタになるしw
写真家
www

という事で、色々と使ってみようと思います!