【高知移住日記:第6話】嶺北に来て驚いたこと(若者編)




こんにちは!日本10周中ブロガーのオオホリ(@OOHORI_bicycle)です。

高知の嶺北地域に来て2週間ですが、色々な事がありすぎて「まだ2週間しか経ってないのか・・・」という感じです。

そんな中でも特に驚いたのが嶺北に住んでいる若者の生活です!

今回は僕が「高知の山奥にこんな若者が住んでいるんだ!」と驚いた4つの場面を紹介したいと思います。

1.全員MacBookを持っている

嶺北に来てまず驚いたのがこれw

こたつにミカンにMacBookみたいなww

ブログや写真・音楽などクリエイター系を志す人が多いからでしょうか。

合う人会う人MacBookを持ってて、大体の人がブログをやっています。(むしろブログが自己紹介的なww)

・・・何かスゲェ。

2.朝起きると「ブログ読みました」

そして皆さんキャッチアップが早い。

僕よりレベルの高い人ばかりなので、「タイトルにインパクト持たせたいですね」とか「パーマリンク変えたほうが良いですよ」みたいな感じでアドバイスもらえたり。

1人でブログ書いていた時より何十倍も濃厚な時間を過ごせています。

3.井戸端会議の話題が仮想通貨


皆さん農作業したり猟をしたりしているのですが、話してる話が「大根の調子が〜。」とか「今年の稲は〜」とかじゃないんですよねww

「xpの相場が〜」とか「昨日で◯◯万円まで上がって〜」とか仮想通貨の話なんですよwww

この、普段の田舎暮らし的生活とやっている事のギャップが何とも面白いですねぇ〜。

アンテナが高くて色々な事にドンドン挑戦していくような人が多いです。

4.毎日色々な人が訪ねてくる

これも凄く驚きました!

イケハヤさんを筆頭に影響力のある人が沢山居るので、毎日ひっきりなしに人が訪ねてきます。

高知の山奥まで遊びにこれる人なので、フリーランスで働いている人や会社を辞めた人、学校を休学した人などなど個性的な人達ばかりで、話しているだけで刺激もらえます。

やはり人との出会いは成長を加速させますねー!

面白い人がたくさん!

正に「こんなのあったんだ!」がココにありました。

僕は高知で「ONEれいほく」というNPOにお世話になっています。

この「ONEれいほく」では、何かに挑戦したい若者や進むべき道を探している若者を支援するために拠点事業を運営しており、そこに沢山の若者が集ってきているという感じなんですねー。

僕の住む嶺北には4つの拠点があり、常時15人くらいの若者が住んでいて、そこにちょいちょい滞在者の方が遊びに来るという感じの環境です。(夏はもっと滞在者がもっと多いとか)

そんなこんなで毎日精進しつつ、楽しく過ごしております。

嶺北は田舎暮らし&地方移住的側面でも面白い場所なので、次は嶺北に来て驚いたこと(田舎暮らし編)も書きたいと思いますー。

乞うご期待!