「ゆとりすとパークおおとよ」でキャンプしてきたよ!




高知県・嶺北地方辺りでキャンプ場をお探しの皆さん!

「ゆとりすとパークおおとよ」でキャンプしてみては如何でしょうか?

いやー。ココは良いところですよ。

僕が全国回った「山のキャンプ場」の中でもかなり良いキャンプ場でした!

今回は、そんな「ゆとりすとパークおおとよ」のキャンプ場に関して紹介させて頂きます。

ゆとりすとパークおおとよがオススメな3つの理由

http://www.yutorisuto.jp/

そんな「ゆとりすとパークおおとよ」ですが、オススメする理由が3つあります。

ゆとりすとパークおおとよがオススメな3つの理由
①景色が素晴らしい
②.設備がしっかりしている(電源付き区画サイト)
③全サイトに水道・かまど・電源が付いている

それぞれ詳しく見ていきましょう!

1.景色が素晴らしい


ゆとりすとパークおおとよの一番良いところは、標高750mからの眺望だといえるでしょう。

園内には山並みの合間に風車が点在しており幻想的な雰囲気。

特に朝焼けと夕焼けの時間帯は格別ですね。


キャンプ場は大きく分けると、山のキャンプ場・森のキャンプ場・湖のキャンプ場・海のキャンプ場などありますが、ゆとりすとパークは山のキャンプ場。

ただ、山の頂上付近にあるキャンプ場って少ないんですよ。山の中腹にあるキャンプ場は多いんですけどね・・・。

その点、ゆとりすとパークは山の頂き付近のあるので、眺望が素晴らしいのです!

2.設備がしっかりしている(電源付き区画サイト)


また、ゆとりすとパークは山奥にあるキャンプ場ですが、設備がしっかりしていて安心して利用する事ができます。

キャンプ場のテントサイトにはフリーサイトと区画サイトとがあるのですが、ゆとりすとパークは1つ1つのテントサイトが区切られている区画サイト。

しかも、芝もしっかり整備されているので、初心者キャンパーでも安心ですね!

3.全サイトに水道・かまど・電源が付いている


また、それに加えて全サイトに水道・かまど・電源が付いているんです!

通常は炊事棟がキャンプ場内にあって、そこまで移動して水を汲んできたり調理したりしなければいけないのですが、テントの目の前で全て完結できて楽ちん!

しかも、電源まであるのでスマホなどの充電の心配もありません。

ゆとりすとパークおおとよに宿泊してきたよ


ここからは実際の「ゆとりすとパークおおとよ」でのキャンプの様子を紹介します!

夕暮れ時の山の景色は本当に素晴らしく、みんな夕陽と山並みをバックに記念撮影をしました。

特に夏は陽が長いので良いですね。

ゆとりすとパークおおとよのコテージとバンガローはこんな感じ

http://www.yutorisuto.jp/

ゆとりすとパークにはコテージとバンガローもありますので、テントを張らなくてもアウトドアを楽しむ事ができるようになっています!

コテージは1LDKでトイレ・キッチン・冷蔵庫・電子レンジなどを完備。

お値段は1棟12,000円で大人1人につき1000円、小中学生1人につき500円となっています。


バンガローは電気水道などがない簡易的な小屋。

横が芝になっていて、テントを貼ることも出来るようになっています。グループで行った場合にはテント泊とバンガロー泊で分ける事もできますね!

※今回はバンガローの横にテントを張ってOKと言われましたが、念の為確認をお願いします。


バンガローの中はこんな感じ。

ほんとに寝るだけの場所なので、寝袋や布団などあった方が良いですね。

寝袋や毛布に関してはレンタルすることもできます。

ゆとりすとパークに温泉はあるの?


ゆとりすとパークには温泉は併設されていません!

最寄りの温泉「ニューわかみや温泉」も車で40分弱の距離なので、往復すると結構時間がかかってしまいますね。

そのかわり温水が出るシャワーがあります。


シャワー室はこんな感じ。

男子は3つのシャワーがありました。

100円で5分間お湯が出るようになっています。

ゆとりすとパークは予約が必要?


今回は平日にお邪魔しましたが、宿泊客は僕たち1組でした。

ただ、休日や繁忙期などは、もう少し混むと思われます。

ゆとりすとパークの開演時間は10時〜17時までとなっていますので、その時間内に連絡して予約しておきましょう。

ぜひ行ってみて!!

http://www.yutorisuto.jp/

「ゆとりすとパークおおとよ」は穴場的キャンプ場だなぁと思います。

是非一度行ってみてください。

ではでは〜。