常磐線の富岡駅から浪江駅は電車が走って無いので、輪行できるのか検証してきた。




こんにちは!ロードバイク歴10年のオオホリ(@OOHORI_bicycle)です!

皆さん、常磐線の福島沿岸地域の一部では、まだ電車が復旧していないという事を知っていますか?

今回、その区間で自転車を持っていきたい場合はどうするんだろう?と思い、実際に現地で検証してきました!

常磐線の一部は電車が走っていません

常磐線は東京から仙台までを結んでいる電車で、福島第一原発の事故により不通になっていましたが、今は徐々に復旧してきております。

2017年11月現在、浪江駅〜富岡駅のみ電車が走っていない状況です。(2019年度の復旧予定)


路線図に関してもこのように途切れて表記がされています。

浪江〜富岡間はJRの代行バスが運行中


電車が走っていない区間に関しては、JRが代行バスを用意しており、電車の切符を買うだけで乗れるようになっています。

自転車も乗せてくれます


僕は浪江→富岡と富岡→浪江の往復を乗りましたが、どちらに乗った際も運転手さんの他に添乗員さんもいて、自転車の出し入れを手伝ってくれました。

自転車乗りが複数乗り合わせる場合も


2回のうち1回は僕1人だったので、輪行袋に入れた状態でトランクに入れてもらえました。

ただ、2回目は自転車乗りが5人ほど乗り合わせたので、バスの座席に自転車を入れる事に。

浪江〜富岡間はバスで自転車を運ぼう!


バスの運転手さん・添乗員さんも、もう分かっているようで手慣れた感じで手伝ってくれました。

ただ、あまりにも自転車の台数が多かったり、乗客が多かったりすると乗せてもらえないかもしれないので、スケジュールには余裕を持ったほうが良いかもしれません。

以上、なにか参考になれば幸いです!

早く復旧すると良いですね!

 

当ブログの人気記事はこちら