リクナビネクストにブラック企業の求人ってあるの?人材業界出身の僕が暴露するよ!

スポンサードリンク







こんにちは!日本10周中ブロガーのオオホリ(@OOHORI_bicycle)です。

誰でもブラック企業に好き好んで就職したくはないですよね。なので転職先を選ぶのには慎重になるはず・・・。

今回は業界最大手のリクナビネクストにブラック企業の求人があるのか?人材業界出身の僕が徹底的に暴露します。

ブラック企業が載ってない転職サイトなど存在しない

先に結論を言いますが、「リクナビネクストにブラック企業の求人は存在する」という回答になってしまいます。

ただ、これはリクナビネクストに限らず大手転職サイトはどこも同じ状況と言えるでしょう。

そもそもの話になってしまいますが、ラック企業とはどんな企業でしょうか?ブラック企業大賞のHPによると以下のように定義されています。

①労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いている企業

パワーハラスメントなどの暴力的強制を常套手段として従業員に強いる体質を持つ企業や法人(学校法人、社会福祉法人、官公庁や公営企業、医療機関なども含む)。

このように、定義に「グレーゾーンな条件での労働」と表記があり、まずブラック企業の定義自体が曖昧です。

更にパワハラの定義も「本人が精神的苦痛を感じパワハラと認識する」事です。

このことから、極論を言ってしまえばブラック企業が載っていない転職サイトを作るのは不可能と言えるでしょう。

そもそもブラック企業の定義が曖昧なので、入社した人がブラックだと思えばブラックになってしまいますので・・・。

※実際にブラック企業大賞を受賞するような企業も毎年リクナビを始めとした転職サイトに求人を出しています

リクナビ及びその他の転職サイトを攻撃・誹謗中傷する意図は全くありません。転職者と企業のより良い未来の為にこの記事を書いています。

業界団体によるチェック機能が存在する

ではリクナビを始めとした転職サイトがブラック企業を野放しにしているか?と言うと、そういうわけではありません。

全国求人広告協会(略して全求協=ぜんきゅうきょう)という業界団体が存在し、転職サイトに掲載ができる条件を定め、厳しくチェックをしています。(もちろんリクナビネクストを運営するリクルートキャリアも加盟)

最近では見込み残業に関する表記がより厳しく取り締まられるようになりましたね。

また、企業毎に審査部門を設けて社内でも厳しくチェックをしています。(この審査が厳しくて、業界や職種によっては掲載までこぎつけるのが大変なんだな。。。)

転職サイトの価値は求人案件の掲載数

あなたは求人案件が1000件載っている転職サイトと100件載っている転職サイトのどっちを使いたいですか?

「業界に特化している」とか「他には無い機能がある」とかが無い限りは1000件載っている転職サイトを使いたいと思う人の方が多いと思います。

実はこれ、企業側も同じ事を思うんです。

企業側はより多くの転職者が見ているサイトを使いたいんです。

なので、転職サイトの価値は求人案件の掲載数なんですね。

何が言いたいのかというと、もちろん業界全体や各企業でブラック企業を弾く仕組みは作っていますが、同時にたくさんの求人案件を載せるのも転職サイトの使命なのです。

その中にはグレーな企業も含まれているかもしれません。

あなたの見ている求人案件は誰が書いた?

転職サイトに載っている求人案件は、企業の人事担当が書いているのではなく、リクナビなど転職サイトの人が取材をして書いています。

ただ、その取材している人のレベルも様々なのが現状です。

自分で勉強して社労士の資格を持っている様なベテランもいますし、入社1年目の新人もいます。また、外注のライターの場合もありますね。

なので、ブラック企業を見抜く目や記事のクオリティにどうしても差が出てしまうんですよ。

もちろん、各企業でそういった取材やライティングの研修をしたり、コンテストを実施して良い求人広告の共有をしたりしていますが、全部の求人広告が同じクオリティにはなりませんね。

これは求人広告に限らず、どんなサービスでも同じだと思います。

結論:ブラック企業かどうかは自分で見極めろ

そもそも、どういう要素をもってブラック企業と感じるか?はその人によって違います。

なので、自分が絶対に譲れない要素は自分の目でしっかり確認しましょう。

労働時間や休日なら求人広告に書いてある内容は遵守されているのか?部署によって違いはないか?有給や早帰りの実態はどうか?

人事に聞くだけでなくネットも駆使して調べた方が良いですね。

人間関係などはチェックしづらいですが、オフィスを見学させてもらったり、転職会議など転職評判系のサイトを覗いてみると良いでしょう。

転職者も人事も転職サイトもそれぞれがリテラシーを高めることで、より良いマッチングが実現されていくはずです。

ではでは。

皆さんが良いキャリアを歩めますように!

リクナビNEXT



スポンサーリンク