車にキャンプ道具を積むなら座れるRVボックスが良い感じ!




東京に住んでいる時は車が無かったので、基本的には電車と徒歩でのキャンプがメインだったんですよね。

でも、脱サラして車でオートキャンプしだしたら、コレが楽しい楽しいwww

モノをたくさん持っていけますからね!

始めは↓こんな感じでスーパーで使うようなカゴを使っていました。

でも、気づいてしまったんです・・・。

「座れるRVボックス」が超便利だということに!

今回はそんな便利グッズの紹介になります。

アイリスオーヤマのヤツを使ってます

僕が使っているRVボックスはコチラ!

大きさが違うヤツを2個づつ。

計4個使っています。

トランクに収めると↓こんな感じ。

この4つのうちの2つがキャンプ用品ですね。他の2つは服とかカー用品とかが入っています。

全部箱に入れるとスッキリ!

大体はこのボックスの上にテントとかテーブルとかも積みっぱなしにしてあります。

そうすればいつでもBBQとかキャンプができますからね笑


ちょっと河原におりてお茶しよう」から。

今日キャンプしようぜ!」まで対応可能ですw

ボックスを持っていけばそのままキャンプできる

因みにボックスの中は↓こんな感じ。

キャンプ用のボックスにはランタン・BBQグリル・食器・調味料の余りなどが入っています。

なので、コレを持っていけばそのままキャンプができちゃうんですよね〜。

 

しかもですよ!

僕が使ってるRVボックスは上に人が座れるようになっているんですよ!!!

コレが便利だねぇ〜!

座面のプラスチックは厚めでしっかりしてる

大体さ。キャンプとかBBQとかって人数が変動しがちじゃないですか〜。

そんな時に便利なんですよね。MAXで6人増えてもイケます。

しかも座らなくても物置いたりとかにも使えるんですよね〜。

ここは微妙

もちろんね。微妙な点もありますよ。

まず、荷物を入れすぎると持ち運びがしにくい。

車からキャンプサイトまで遠い時なんかは、こういう↓アウトドアワゴントアがあると便利ですよね〜。

コールマン(Coleman)
¥8,200 (2018/12/12 04:26:17時点 Amazon調べ-詳細)

あと、基本的にローキャンプにしか対応できないです。

RVボックス自体、そんなに高さがないので高めのテーブルとは合わないんですよね〜。

画像出典:http://ascii.jp/store/

なので、すでにハイスタイルのキャンプ道具を揃えている人にはRVボックスは低すぎますね。

この点は注意です。

オシャレ&座れる物を選ぼう

RVボックスをキャンプで使うなら、断然座れるタイプのモノをおすすめします!

値段も1000円〜3000円くらいと、そこまで高くないですしね。

僕が使っているアイリスオーヤマのシンプルなデザインのものも良いですが、TRUSCO(トラスコ) のミリタリーっぽいカラーや、Astage(アステージ)のブラックでクールな感じのカラーなども良い感じ。

ぜひ、車のデザイン&カラーや手持ちのキャンプ道具との相性も考えて選んでいきましょう〜。

ではでは。

トラスコ中山(TRUSCO)
¥3,581 (2018/12/12 04:26:18時点 Amazon調べ-詳細)
アステージ(Astage)
¥1,317 (2018/12/12 04:26:19時点 Amazon調べ-詳細)