日本10周のお供となるテントを紹介しよう

スポンサードリンク







こんにちはオオホリ(@OOHORI_bicycle)です。

突然ですが新しいテント買いました!前に使っていたテントは大学一年生の時、北海道自転車旅に行くために買ったもので、かれこれ8年以上使ってました。

コレが壊れてしまったんですねー。

今回、購入したのはwhole earthというブランドのEARTH Tepeeというモデル。既に10泊以上は使ったので、徹底レビューしたいと思います!

そもそもwhole earthって?


2017年春夏から展開を始めた新しいアウトドア用品ブランドです。

お店で見るまで全然知らなかったのですが、見た目が好みだったので買ってみました。ブランドに関する詳しい情報はコチラを見てみてください!

参考

これがEARTH Tepeeや!

正面:前室という靴などを置いておくスペースがあります

背面:トンガリ屋根が特徴的です

EARTH Tepeeの外観がこちら。Tepee(ティピー)という名の通り、先が尖った形になっています。

公式にはChrome Yellowというカラーになるのですが、実際はクリーム色に近いかなと。

参考
ティピーテントとは、アメリカ先住民が使っていたティピーをもとに作られたテント。トンガリ屋根が特徴。1本のポールで支える仕組みなのでワンポールテントやモノポールテントと呼ばれることもある。

 

ナチュラル系の配色

正面のロゴ

ロゴや正面のチャック付近など要所に濃紺でアクセントカラーが付いている感じですね。クリーム色(ホワイト?イエロー?)✕濃紺で爽やかな感じがすごくカッコイイ!

まくった部分が銀色になっている

フライシートという雨を弾くシートを開けたところです。入り口はメッシュ状になっています。

また、少し分かりづらいかも知れませんが、まくった所が銀色になっています。(黒の点線で囲んでいる箇所)

恐らく断熱材の様な役割を果すために銀の加工がされているのだと思います。

設営は簡単でした!

2箇所で留められるようになっている

フライシートを取るとこんな感じです。

インナーテントもフライシートのようにまくって留めておけるようになっていますね。

インナーテントは真ん中の青いポール1本で立つようになっていて、天井付近はメッシュになっていて空気が通り安くなっています。

収納する袋

テントがしまってある袋はこんな感じ。1つの袋に全てが収まるようになっています。

内容物

入っているものは全部で6つ。①フライシート②グラウンドシート③インナーテント④メインポール⑤ペグ⑥前室用のポールです。

一番下に敷くグラウンドシート

ティピーテントは立てるのがは難しいのかな?と思っていたのですが、一回立てれば簡単でした!

ザックリ説明すると、①中身をペグで打つ→②外見を被せてペグで打つ。といった感じですね!

①グラウンドシート・インナーテントを重ねる②ペグを打つ③ポールを立てる④フライシートをかける⑤ペグを打つというのが大まかな流れです。


こんな感じでグラウンドシートにインナーテントを重ねたら、対角線上にペグを打っていくと綺麗に張れます。

いちいち対角線上に動くのは面倒ですが、こうして張らないと、完成した時に弛んでしまって中が狭くなってしまいます


ペグを打ち終わったら、ぺしゃんこの状態のテントの中に入って、テントの真ん中にポールを差し込む突起に入れます。


あとは、フライシートを被せて何箇所かをペグで打ち込めば完成です!

1人でも簡単に立てられますし、慣れてしまえば超速5分以内での設営も可能です。

3人だと少しきついかも・・・

公式サイトでは3人用となっていますが、3人だとちょっと窮屈そうだなというのが正直な感想です。

というのも、真ん中にポールがあるので3人川の字だときついんですよね。

なので1人で豪華に使うか、2人でポールを挟んで寝るのがゆとりを持って使えるラインかなと思います。

まあ、MAX4人ぐらいまでは無理やり寝れなくも無いですがw

使い所は?

ファミリーはちょっと厳しいでしょう。少し狭いと思います。

もしデザインとか雰囲気が気に入ったのなら、4~5人用のEARTH DOME 270 Ⅱとかの方が良さそうですね。

EARTH Tepee

EARTH Tepeeに関しては、僕みたいに贅沢に1人で使うとか、洒落たテントが欲しいカップル&夫婦とかには良いかも知れないですね。

性能面は?

メーカー 商品名 耐水圧
snow peak アメニティドームM ミニマム値:1,800mm
whole earth EARTH DOME 270 Ⅱ 3,000mm
コールマン タフドーム/3025 2,000mm
コールマン BCクロスドーム/270 1,500mm

耐水圧に関して、EARTH Tepeeの情報は公式サイトに載っていなかったのですが、姉妹品の情報を見る限りは同ランクの製品と比較しても遜色無いですね。

雨の日でも問題なく使用できそうです。

実際に雨のなか2泊しましたが、前室に置いておいた靴も濡れていませんでした

どこで手に入る?


公式HPによると、全国のスポーツゼビオにて販売中とのこと。運が良ければ実物も見ることが出来るかも知れません!

まずHPでお目当ての商品を品定めしつつ、近くのスポーツゼビオに電話で確認してみると良いかも知れませんね!

以上、徹底レビューでした!使用してみて更に気づいた点などあったら追記していきますね!

▼2018年4月26日追記▼
このテントは生産終了してしまいました・・。

まだ楽天なら少しあるかも。(楽天で見てみる)

当ブログの人気記事はこちら

 



スポンサーリンク